スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【入荷】9月26日

2009年09月26日 23:58

連休は終わっちゃいましたが
今度の土日は家でゆっくりという方もいらっしゃるのではないでしょうか

さてさて今日のご紹介はワイン

hatukoi.jpg

朝日町ワイン 「ぶどうの初恋」 720ml 赤(甘口) 白(中口)

先日、山形の朝日町ワインの工場長さんが来店。
今期は新酒も含めて6種類ほどを仕入れましたが
今回特におすすめしたいのは
「ぶどうの初恋」シリーズ

公募であるワインの名前を募集したところ
最終選考で不採用になってしまったのが
「ぶどうの初恋」という名前

不採用にはなったものの
お蔵入りにするにはあまりにも惜しいそのキュート(?)な名前に
工場長さんが「名前」から新たに企画したのが
この商品だったとか


赤い方は恋の「成就」をイメージして
フルーティな香りを残しながらも
赤ワイン特有の渋さを感じさせない甘ーい味

白い方は片思いの「切なさ」をイメージして
葡萄の香りを残しつつ
辛さも甘さもおさえた中口

甘い飲みやすいワインだと甘味料が入っているんじゃないの?と思われるのですが
このワインの甘さは全て同じワイナリーの極甘口アイスワインが由来。
どちらも数種類のワインをブレンドしていますが
すべて山形で生産されたぶどうを使った、朝日町ワイン自社ブランドを使用しています
とっても飲みやすいけど
優しさあふれる飲みやすさ。

紅白でラベルも可愛いから結婚式にもおすすめです。


もっと作りにこだわったワインも入荷したんですが
こういう入門向けワインにも手を抜かない姿勢こそ
ワイナリーの性格を端的にあらわしているんじゃないかなあ
スポンサーサイト

イチオシのワイン

2009年04月03日 12:53

満を持してご紹介申し上げます
山形大手ワイナリーさんの商品であんまりレアではないと思うのですが
これウマッ!
と感激をもって工場長様の眼前で叫んだ1本です


無濾過ワイン
朝日町 限定蔵出し
無濾過 秘蔵ワイン(白・甘口)


ワインや日本酒の生産工程では出荷前に
濾過があるのが普通です→ 朝日町ワインの生産工程
最近、日本酒の生原酒などでは「無濾過」はほとんど常識になってきましたが
ワインにも最後の濾過をしない「無濾過モノ」が増えてきているのです
無濾過だとオリが出やすいとかでしばらく敬遠されていたらしいのですが
清酒に「おりがらみ」などが出てくる時代ですから
消費者のほうがオリに寛容になったのかもしれません。
実際、美味いと思う。

まず、甘み酸味以外の複雑な味の構成
そして「フレッシュ」では舌っ足らずなほどにピチピチ感が溢れています
なんかできたてできたてできたてと主張してくるような感じ
しかもキレ味最高!
国産で甘口白ワインとなると
フルーツワインにありがちな砂糖添加?的な甘さを想像すると思うのですが
これはすっきりキレます。

しかしながらきっとこの味は短命です
当店でも冷蔵してありますので
お求めの際はワインコーナーの冷蔵庫からお取りください

ちなみにこの無濾過シリーズには赤もあります。

【入荷】3月18日の新商品

2009年03月18日 23:46

以前ブログでちょっとだけ紹介した例の赤ワインが入荷しました

縺ゅi縺九o_convert_20090318224939

朝日町ワイン ツバイゲルトレーベ 2006

国産ワインコンクール銅賞受賞の実力派ワインなので
未熟者のワタクシがつらつら味わいを書くのも気がひけるのですが
国産モノにありがちな
甘い・軽い・渋くない
というワインとはちょっと一線を画したワインです

ツバイゲルトレーベというのは葡萄の品種ですが
ドイツ原産のこの高級種を朝日町に導入する際は苦労も多かったらしく
工場長さんは自ら実家のリンゴの木を切ってツバイゲルトレーベを植え
マイナーなこの種の葡萄を植えてくれるように農家のみなさんを説得したとか。

米あっての日本酒であるように、葡萄あってのワインですから
まず上質な原材料の生産が安定しないと美味しいワインは絶対に出来ない
その苦労は、果樹大国山形であっても並々ならぬものだったでしょうねえ。

山形では独自の厳しい基準に基づいた県産品認定があり
○高い品質
○ 安全性・安心感への配慮
○ 山形の自然、歴史・文化の継承
○ 山形の技術・技法の伝承
○ 環境への配慮
この5つ(と細かい基準)をクリアしたものだけが
「山形セレクション」と認定されるらしいのですが
こちらのツバイゲルトレーベは3年連続受賞とのこと

賞をどんなに取っても美味しくなきゃそれまでだけど
ワインを普段飲まない私でも
軽やかな渋み・控えめな酸味・華やかな香りのバランスがよくて
この赤は美味しいなと素直に思ったのでした。
肉料理に負けない風味があります。


朝日町ワインは他にも数種入荷しております。
以前、おお!と思った無濾過の白ワインは後ほど日を改めてご紹介するとして

国産らしくない、きりっと辛口の白 「リースリング・リオン 凍結辛口」
繊細かつ優雅で、ボトルも上品な 「山形シャルドネ 白」
企画モノでゴメンだけどインパクト大「義臣兼次 愛ラベル 赤白」

などなど国産ワインの顔ぶれがにぎやかになってきました。
日本酒もいいけど、たまにはワインも・・・という方、お気軽にお試し下さい。

日本のものを日本で消費する。
いいと思いませんか?

ワイン屋さんが来た

2009年03月13日 22:56

今日はワイン屋さんが来ました
山形のあるワイナリーの工場長さんなのですが
もってこられた

無濾過秘蔵ワインの白 が

感動的に美味
でした

ワタクシ味の好みが風味厚めで旨口、かつキレてすっきりという
ムチャクチャ
でもこのワインは
ドンピシャ
大概ウマイウマイいいながら飲んだり喰ったりしますが
ちょっとした驚きをもって美味いと思いました

よくワインみたいな日本酒って表現があるんですが
ex:フルーティーで酸味がきいてて重層的な味のハーモニー(以下略)

そのワインを飲んだとき
吟醸の無濾過生みたいなワインだ
と思いました

ふなくち酒みたいな甘さと軽快さと酸味
そのくせ後味はちゃんとキレるんだな

舌っ足らずで申し訳ないのですが
いい意味で期待を裏切ってくれた白ワインでした

山形でも大手のワイナリーさんなんで、この商品も量は出回ると思うのですが
これはアタリです。

ただしフレッシュなうちが勝負かな
無濾過なので白はすぐオリが出てしまうとのこと

近々入荷しますのでそのときはまた御案内いたします。

ここの工場長さんオススメの赤ワインも同時入荷予定です
自家のリンゴ畑の木を切って、とある品種の葡萄を植えた苦労話なども
その時にupいたします


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。