スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怒涛の蔵めぐり! 第一話「天の戸」編

2010年02月24日 01:00

大仙のアキモト酒店さんにお声掛けをいただいて
台湾から研修に来た高さんと一緒に県南の酒蔵めぐりをしてまいりました

その数4軒!
刈和野から出発して「天の戸」「まんさくの花」「春霞」「刈穂」まで、
御案内いただいたアキモトさんには大変お世話になりました、本当にありがとうございます。

一日に4軒も回ると蔵それぞれの違い
(酒質や水質は勿論、規模やシステム、経営方針、土地柄、空気感等)がはっきりとわかって
価値ある充実した一日でした。
何度かに分けてブログでもご紹介しますが、蔵の空気や作り手の考え方がわかると
なるほどこういった酒質になるんだな、ということも簡単に納得がいきます
百聞は一見にしかず、とはよくいいますが、
蔵で仕込み水を飲むと、ああなるほどー腑に落ちます。



一番最初に言ったのが「天の戸」浅舞酒造さん
seiko+052_convert_20100224010247.jpg
蔵の前にある、天の戸さんの水源でもある沼。
seiko+050_convert_20100224013927.jpg


年中13度の水が湧いていて天然記念物のハリザッコがいるんだとか
思わず「ハリザッコ!!」とテンションが上がってしまいましたが
日本淡水魚ファンとしてはそれだけで崇拝したいような場所です

さっそく森谷杜氏に説明をしていただきながら仕込み水を飲んでみて納得。
朴訥な感じもあるけど、優しい、体によくなじむ水で
この水にしてあの酒ありだなあと、つくづく感心しました。

酒造りに対する姿勢も面白くて
「みんながハッピーに仕事が出来るシステム構築」が大前提。
seiko+053_convert_20100224011146.jpg
seiko+054_convert_20100224010939.jpg


イライラして作る酒はきっと飲み手もハッピーになれない
作り手がニコニコして作る酒は、地域にも、飲み手にも優しいはずです。
シンプルなことだけど、これはすごいことだなと感服。

遊びです、といいながら森谷杜氏が取り出した真っ赤なお酒や
杜氏自ら(試飲用に)調理した肴を出してくださって
seiko+058_convert_20100224010330.jpg
seiko+060_convert_20100224010452.jpg


こんなこと一生ないかもしれないと、超☆感動。
思わず試飲酒なのにお代わりしてしまいました本当にすみません。肴が美味すぎる。

最後には蔵人のみなさんと(社長さんのお隣で!)一緒にお昼までご馳走になってしまい
重ね重ね人の温かさが染みた「天の戸」さんでした。
みなさま本当にありがとうございました!

帰りにお土産としていただいた酒粕
seiko+098_convert_20100224012149.jpg

パッケージに簡単甘酒の作り方が書いてあったので、
自宅に帰ってさっそくやってみました

酒粕を千切ってお湯に入れ、弱火で煮るとすぐにドロドロに
(麹粒が綺麗に残っていました、さすが槽搾り!)
そこにグラニュー糖を少し入れて、最後におろし生姜を少々。

いままで酒粕で作った甘酒はいい思い出がなかったのですが
本当に美味。絶品。
酒粕に対するイメージを一新するくらいの美味しさでした。

「いい酒つくってるんです」と言わなくても
この酒粕で作った料理食べたらきっと「いい酒つくってる」ってみんな思うだろうな。

ちなみに甘酒の後味がどうも苦手・・・な方は、甘酒を牛乳割りをするとすっきり飲めます、眠れない夜にオススメ


初っ端から相当インパクトのある「天の戸」さんでした。
かなり満腹になって次の酒蔵へと向かいます。(以下次号)
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://wildriver.blog73.fc2.com/tb.php/112-9ae85a67
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。