スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

希望乃泉 雪中貯蔵 発売しました

2010年05月02日 00:21

五城目町内には今朝の折込チラシで御案内いたしましたが
純米吟醸希望乃泉原酒「雪中貯蔵酒」が発売となりました。

5-2.jpg

希望乃泉純米吟醸原酒 雪中貯蔵 720ml 1680円

さて
酒こまちに変更してから初めての雪中ですが
昨年とはガラッと趣が変わりました

例年通り、飲み口はかなり穏やかでスーッと入ってくるのですが
含んだ感じは酒こまちらしい華やかなふわっとした甘さがあります。

そうして飲み干した後のすっきり感
これをキレというべきなのかどうなのか迷うのですが
口に残るような重さはなく
春先の風のような爽やかな後味です
原酒でありながらこの軽さは、結構稀な存在なのではないでしょうか。

それなりにここ数年色々な日本酒を飲んできましたが
新潟系の淡麗とも関東系の抜け感とも違う、一風変わったスタンス。
正直に言うとこんなお酒は飲んだことがありません。

当店PB酒の仕込水は、森山の麓にある井戸より取水しています。
ここの水は、かつて地元の酒蔵が出品酒用に使用したという歴史をもつ、由緒正しき良水なのですが、
独特のやわらかさがあって口当たりが極めて優しい水です。

お酒にしても、これは水か?というほど穏やかな口当たり。
すーっと入って、よくからだに馴染む水です。
この水を仕込み水にして純吟「希望乃泉」は出来るのですが、その柔らかい水でありながら水っぽさを感じないのは、やはり造りがしっかりしているからでしょう。
当社あらかわの社長の、ロマン先行でアウトラインが作られたお酒ですので
蔵元である福禄寿さんには結構難しい組み合わせでお願いをしていると思うのですが
さすが「一白水成」を醸す蔵、難題をクリアし立派な良酒です。(半分くらい自画自賛でスミマセン・・・)
リニューアルに相応しいお酒となっています。
ラベルも価格も内容も一新した希望乃泉。
五城目のお土産品としてははもちろんですが、
価格も下がったことですし、御自分用に1本いかがですか?

web.jpg


同時に通年商品もリニューアルリリースしました 

純米吟醸 720ml  1500円
 〃   1800ml 3000円
別  撰 720ml  900円
 〃   1800ml 1700円


よろしくお願いいたします!
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://wildriver.blog73.fc2.com/tb.php/124-92957025
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。