スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やまとしずく会に行ってきました

2011年02月28日 22:43

25日に当店の頒布会をお届けいたしましたが
週末にお楽しみいただいた方より早速感想をいただいております

まだお召し上がりでない方は近日中にお楽しみ下さいますよう
重ねてお願い申し上げます

日本酒、ことに生酒はワインよりデリケートな部分があります
蔵元さんが腕によりをかけて作ったお酒ですので
そのお酒が一番美味しい時に召し上がっていただきたい
というのが売り手の切なる願いです


さて
昨日27日やまとしずくの利き酒会に行ってまいりました
私にとってこの“やまと会”は特別な思い入れがありまして
日本酒のイロハをここで教えていただいたと言っても過言ではありません
参加するたびに先輩酒販店さんの日本酒に対する熱意と知識を目の当たりにし
己の未熟さと不勉強を思い知らされます

seiko 008-1
午前中は利き酒。
秋田清酒さんの商品(出羽鶴・刈穂)と県外酒2本を利きました

「やまとしずく」は昨年よりラインナップが増えて
・純米吟醸瓶火入(緑)
・山廃純米(茶ラベルに黒字)
・純米大吟醸(黒字)
の通年商品に加え
・純米(ライトブルー)
・生モト純米(金)
・純米吟醸美郷錦(青)
・純米陸羽132号(紫)
が新たに加わり
さらに季節限定で
・春の生原酒(ピンク)
・秋のひやおろし(赤)
・春の雫取り(濃紺)
そして同スペックのバージョン違いで
・春のササニゴリ(ピンク)
・夏の生純米(ライトブルー)
の12種類が存在します。

説明すると「うわーそんなにあるんですか?」と、最近言われます(笑)

一個一個それぞれこだわった作りですので
やまとしずくのラインナップの話を一通りするだけで
日本酒の製法であるとか
秋田の酒米の種類であるとか
貯蔵や仕上げの違いとかを
学ぶことが出来ます(私がそうでした)
全部の説明に3時間ぐらいかかると思いますが…

ある種、私の教科書的な「やまとしずく」ですが
私が一番好きなのは山廃純米。
昨日の利き酒でも、円熟味のあるいい味してました。


seiko 016 seiko 014 seiko 018

昼からは蔵の見学。
やまとしずく純米吟醸の洗米工程を見せていただきましたが
一番左上のマッシーンが大変優れものでして
水流だけで余分な糠を取り除く「米研ぎ機」です。
水の冷たい季節、毎日のお米を研ぐのが億劫な私には、神器のように見えます。
ウチにも一台欲しい。


お酒になるお米は、もともと米粒の半分近くを削っていますので
ご飯の時のように手でガシガシ洗うと簡単に割れてしまいます
そこで写真のような神器が業界では開発されまして
米粒に負荷をかけず、余計な糠や粉を洗い落とせるようになりました。


実はお酒にとって洗米の工程はかなり重要
後半の酒造りに深く影響を及ぼすため
この工程は秒単位で進められます。

そう、お酒ってものすごく繊細なんです。

こういった秒単位の水分管理や温度管理
その他のデータを積み重ねてできるんです

だから、おいしい時に、飲んで欲しい。

作り手の細心の注意が
飲み手にきちんと届けられてこそ
売り手の役目が果たされる
と思うのです


そういうわけで
来月は、純米吟醸やまとしずく生原酒(ピンクラベル)をお届け予定です。

皆様お楽しみに。


見学後の懇親会ではいつも貴重な酒のお話を
先輩酒販店さんからおききします
醸造の技術的な話もここで知ることがほとんど
seiko 026
和気藹々というか、とてもいい空気なんで
今回も超酩酊して帰ってきました
山廃純米は食事しながらだとやたら進みます

今回参考市販酒として用意された「龍力」が
利き酒のときはorzな味だったのに
半日たって夕方になると甘さと酸がほどよいバランスで浮き出て
かつガッシリした旨みもあって
ウマー(゚д゚)な酒になっていたのに驚愕しました

ここらへんはまだまだ経験値が足りない分野です
もっといろんな酒をいろんな人と飲まなければ
スポンサーサイト


コメント

  1. なべ駒 | URL | -

    神亀の槽口、自分が感動した純米酒のひとつ。

  2. wildriver | URL | -

    まさかなべ駒さんから神亀の名前が出るとは・・・・
    まだまだ経験値が低い私です。
    もっといろいろ飲まなくては。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wildriver.blog73.fc2.com/tb.php/150-2663db08
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。