スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イベントの秋

2011年10月31日 02:19

日曜日はやまとしずくの総会でした。
私の原点であり、それなくして今日はない、と言っても過言ではない「やまとしずく」
ここの呑みきりはベテラン酒販店さんから貴重なお話をきける数少ない場所なので
毎年とても待ち遠しく、楽しみにしています。


seiko 020-1
seiko 021

今期は「やまとしずく純米吟醸」定番酒の緑字のやまとが一番でした。
次点で「出羽鶴 晴田雄町」、3位が「刈穂 カワセミラベル」
※あくまで個人的な印象ですのでご了承下さい
まだ製品化前でしたが酒こまちの原酒も好印象でした。

私の口はどうもまだまだ“お子様仕様”で苦味や渋みは解釈が難しいです
日本酒ってなんだ?と考えると 苦味も渋みも味のうちだと思うのですが
いざ自分が飲んで愉しむとなると途端に
甘くて酸味があって味の濃いものをチョイスしていますので、
ここらへんはまだまだだなあ、と反省至極。

やまとしずくは昨年よりラインナップを拡充し
ラベルのカラーごとに新しい姿を見せてくれます。

黒・緑・ピンク・赤・ブルー・水色・紫・ゴールド、純大吟袋吊りと
それぞれに想いがあって、こだわりも違います。
まだ飲んだことがないカラーがありましたらぜひお試し下さい。

さて
例年ですと懇親会まで出席しかえりはすっかり夜中
のやまとしずく総会ですが
今年は先約があって、ご無礼をしてしまいました。

知る人ぞ知る、なべ駒さんの「日本酒を愉しむ会」は記念すべき20回目。
ことしは抽選会もありNEXT5の新アイテム“ロゴ入りグラス”が出品され
大いに盛り上がりました。
seiko 025

ちなみにこのイベントは名立たる全国の銘酒が
秋田県にいながらに楽しめる、たぶん全国で見ても非常にレベルの高い会ですが
マイベストは長野「嘉根萬」弐阡拾年 純米 無濾過生原酒
次点で山形「くどき上手」純米大吟醸 生詰 でした
3位になるといずれも捨てがたく、もはや甲乙つけがたいほどの混戦。

いやー実に濃い一日でした。
どっぷり日本酒。まさに役得です。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://wildriver.blog73.fc2.com/tb.php/172-14ae7aee
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。